狭小地を購入して都会で快適な生活出来る住宅を建ててもらおう

注文住宅で依頼

理想の住宅とは、家族のライフプランに沿っていて将来的にも変化に追随でき、機能的であり地震にも強く、高気密かつ高断熱で耐久性に優れ、防音性があり、防犯にも配慮された住宅というものが理想に近いものです。
その上最近では太陽光発電で余った電力は電力会社に売って売電収入を得、それでもってローンも払えるようであればLED照明器具を使ったりすることで省エネ生活も実現できます。
しかし理想があっても予算の制約内での話しであって、幾分でもこの理想に近い状態へ持って行きたいものです。
狭小住宅や屋上庭園、様々なアイデアや希望を取り入れたり空間スペースの有効利用など図ってもらうにはその道の専門家が経験も多くて力になってくれる場合も多いものです。

一方家は土地の上に建つものであり、この土地環境は家作りに大いに影響があります。
土地はその地名に沼とか池とかの水に関係する文字が含まれる場合には昔は湖沼とかの埋立地である可能性も高いものです。
それも余りに急激に埋め立てられたようなところは地盤の強度も弱く、建てた後に地盤沈下や地震の際に液状化現象を生ずる可能性もあります。
地盤調査を行った上で地盤改良を行ったり、それに合わせた構造にするとかの対策が必要になって来ます。
海岸に近いとか過去に高潮被害を受けたところ、あるいは川の洪水で浸水したような場所は特にその対策として基礎の高さを高くするとかの対策を取る必要も出て来ます。
しかもこれらのことは共に予算に影響して来ます。
山際で開発された土地一帯は集中豪雨による地すべりや土石流の災害も起きやすいですからこれも検討する余地があります。
地盤マップ等によって硬い地盤が確認できるところはほぼ安心できます。
切り土や盛り土、擁壁などのある土地は水抜き穴などが正常に機能しているか、土地が平面になっていて傾斜はないかなど調べることも大切です。